就職に役立つ高等教育

大学生

一般教育から専門教育まで幅広く学べることや、優良企業への就職実績が多い点が、短期大学が注目されている理由です。また多様な学科や専攻が用意されているので、オープンキャンパスなどの機会を活かして、積極的に教育の内容を調べるべきです。特に人気があるのは、保育士や幼稚園教諭の免許が取得できる短期大学であり、就職支援体制も充実しているのが魅力的です。働きながら子育てをする女性が増えている背景もあり、保育系の学科が設置されている短期大学は、将来的にも有望です。また指定校や公募などの各種推薦入試が充実しており、奨学金制度も整っている短期大学を選ぶのが理想的です。卒業後に民間企業や自治体職員として活躍したいときには、法律や経済についても幅広く学べる、ビジネス系の学科が最適です。グローバルに活躍できる人材育成に取り組むのがビジネス系の学科の特徴であり、在学中に語学のスキルも高められるでしょう。しかし就職だけではなくて、受験生一人一人の興味と関心に合わせて学科を選ぶのが、進路のミスマッチを回避するための基本です。そのためにアパレル企業に就職する目的でファッション系の学科を選ぶ人や、音楽系の短期大学でミュージシャンを目指す人も多いです。食品系の学科であれば、調理の実務や栄養士の資格取得に役立つノウハウも学べるので、卒業後は様々な分野で活躍できるでしょう。全国各地で開催されている進学イベントを利用して、個別に短期大学の担当者と相談するのが、理想の進路を見つける賢い方法です。